OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
達成感と悔しさとクライミング。

Our Favorite City
達成感と悔しさとクライミング。

魚動クライミングジム

ギョドウクライミングジム

2019.11.22

 「魚動」という店名から、魚屋を連想する人もいるかもしれないが、そうではない。ここは、クライミングジムである。
 クライミングと聞くと、腕の筋力がないと出来ないと思っている人もいるのではないだろうか。私自身も体験するまでそうだった。
  しかしその実、頭を使い、技術を用いて登ることで、想像以上に力を必要としない、奥が深いスポーツだった。どの石をどんな手順で掴むのか、体の向きや足の位置等、筋力以外の要素も重要となってくる。目からうろこであった。

 「クライミングを楽しむ人は増えている。だからこそ、正しいルールや楽しみ方を広めたい。」そう話すのは、店長の山口穣さん。
  初心者向けに、道具のレンタルと、ルールや安全確認、登るコツまでを教えてもらえるビギナーズパックも用意している。
その指導も、熱が入りすぎず、自由に考える隙間がありながら、的確なアドバイスがもらえる。絶妙な距離感がちょうどいい。

  クライミングに限らず、釣りや登山などを楽しむ山口さんは、アクティビティを楽しめるライフスタイルを確立したいと考え、10年ほど前に、サラリーマンを辞めて魚動を立ち上げた。魚動という店名は、その時、特にハマっていた釣りから思いついたという。
 「クライミングは、自分で登って自分で降りる自己完結型のスポーツ」と山口さんは話す。自己完結型だからこそ、楽しさも責任も自身で受け止める。自然を楽しむ中で実感したその考え方が、「クライミングの入口までは一緒に、そこからはお客さん自身で楽しんでもらえることが一番」、そんな魚動の姿勢に繋がっていた。自分なりの登り方を見つけ出すのも醍醐味なのだ。

  そして、手軽さもクライミングの魅力の1つだ。1コースは数分程度で、登頂できれば達成感を味わえる。失敗しても、その悔しさから、次はどう進もうかと再挑戦を考えている。不思議なことに、気付けば、ずっと前向きな気持ちになっているのだ。
「新しく始める方や女性の方にもぜひ気軽に来てほしい。」と山口さんは続ける。
  是非、まだ経験したことがない人も、気軽にこの達成感と悔しさ、ボルダリングの醍醐味を味わって欲しい。
  最後に一言添えたい、「行けばわかる、ハマるやつ」だと。

魚動クライミングジム

DATA

魚動クライミングジム ギョドウクライミングジム

各務原市須衛町4丁目274-1
TEL:058-385-2787
営業時間:平日 13:00~22:30
休日 10:00~20:00
定 休 日:木曜日
     ※年末年始、ホールドチェンジ等で臨時休業の場合あり
駐 車 場:有り(無料)
ウェブサイト:http://www.gyodoclimbing.jp/information/

2019.11.22
大松大洋

WRITER PROFILE

大松 大洋H.OOMATSU_OFK

石川県七尾市出身。東京でサラリーマンとして働いた後、現在は各務原市で消防職の救命士として従事させて頂いています。各務原市に住んでまだ間もなく、知らないことも多いですが、だからこそ伝えられることがあるはず。発信に邁進していく所存であります。

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top