OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT

TOPICS

最新情報

【かかみがはらでチェアリング】@伊木の森

2020.11.10

山の中腹に設けられた駐車場に集合し坂道を登っていくと「伊木の森」が見えてくる。

「伊木の森」は伊木山の斜面を利用した、ややこじんまりとした芝生広場だ。
ユニバーサルデザインに配慮されたベンチやトイレが新しさを感じさせる。最近リニューアルされたんだそう。学びの森や総合運動公園の様に広大ではないが、北側の眺望が開けており東西に広がる各務原市を一望できるせいだろうか、開放感が半端ない。

芝生に覆われた法面にポツリポツリと置かれたベンチ。その間を縫い、大きなカーブを描きながら丘を登る歩道。

歩道を登り切ったところに平らなスペースを発見。早速、アウトドアチェアを広げ腰かけてみた。

なぜだろうか。座っただけなのに、風の音、芝生や樹木の揺れる音、カラスや虫の鳴き声など、普段なら気に留めない様な音を強く感じた。
歩いているだけよりも断然自然を感じられる。これがチェアリングの妙か。

それぞれが思いついたことを話す。心がほぐれリラックスしているからだろう。自然と話題が尽きない。
季節のこと、コロナ禍のこと、空の向こうに落ちていく夕日のこと、犬山城のこと。他愛もないことを話す、とてもぜいたくな時間だった。

ふと目線をあげると市街地から巣に帰ってくるカラスたちが山の上で戯れている。山の頂上付近にカラスの巣があるようだ。
既に夕日は西の地平線に沈みかけ、東の空には白い月がうっすらと現れた。
秋の日は釣瓶落とし。寒くなったし、もう帰ろうか。

文:OFKライター 南村高志

 

事務局メモ  
【チェアリング】
ライターのスズキナオさんとパリッコさんが提唱した、アウトドア用の折りたたみイスひとつを持って外に出て、好きな場所に置き、好きなように過ごすアクティビティである。少人数で、装備は手軽に、マナーを守ることが原則の、大人の遊びだ。

~伊木の森~
2020年7月に「誰もが身近な自然と親しめる」をコンセプトに里山広場としてリニューアルオープン。中央には芝生広場が広がり、広場北側の展望デッキからは、各務原アルプスやにんじん畑を一望できる。運が良ければ、航空自衛隊岐阜基地へ着陸しようとする自衛隊機を間近で楽しめることも。

2020.11.10
OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top