OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
提供する一杯に一切の妥協なし。

Our Favorite City
提供する一杯に一切の妥協なし。

らーめん よなや

ラーメン ヨナヤ

2018.06.20

各務原市民公園の東側、各務原ラーメンストリートと呼ばれる、いちょう通りから少し離れた場所にも、開店前から行列の絶えないラーメン屋がある。軒上には黒地に白く「よなや」と3文字。店主である與那城卓(よなしろたかし)さんの名前に由来し、屋号は付けられた。

「ラーメンは毎日食べても飽きなかったから、自分で店を持ちました。」と、周囲からの驚きをよそに、洋食店のコックからラーメン屋の大将へ転身。「塩」で勝負したいという開業当時の気持ちから、やはり一番人気は「塩」。客が喜ぶ最高の味を追求した結果、枠にとらわれない独自の仕込みにより、他店とは異なる色合いや風味を持つ「よなや」のスープが完成した。

先客がそのスープと絡んだ、こだわりの自家製麺を持ち上げ、「ズズッ」と勢いよくすする姿を横目に、席に着く。1番人気の「塩つけめん」を注文。他のテーブルに運ばれる人気メニュー「塩ラーメン」の湯気や香りにそそられながら、厨房の様子を窺う。店主がグツグツと沸いた鍋の中を真剣な眼差しで見つめ、絶妙なタイミングで引き上げると、一気に湯切りする姿に胸を躍らす。提供された一杯は、「その日、スープの出来が悪ければ店を開けない」「仕込みの工程で、まあいいかは絶対にない」と與那城さんがこだわるだけあって、客を魅了し、行列ができるのも納得できる。濃厚な味わいの中に、「よなや」特有の和の風味が鼻を抜け、塩ラーメンの爽やかさも感じられる。そんなスープと中太麺との相性は抜群。「うまい!」の一言に尽きる。

「店内の客の口から漏れるその小さな一言を厨房で聞けるのが一番嬉しいとき」と先ほど見た厨房で鍋を見つめていた顔とは異なる満面の笑みで語ってくれた。15時に閉店後、すぐに翌日の仕込みを始めるが、全ての作業が終わるのは毎晩深夜まで及ぶという。

「ずっとラーメン屋でいたい」と、與那城さんは素直な思いを口にした。そんなラーメンに対する熱い思いを一杯に注ぐため、今日も深夜まで「よなや」の厨房の明かりが灯り続ける。

らーめん よなや

DATA

らーめん よなや ラーメン ヨナヤ

岐阜県各務原市那加門前町3-39
営業時間:11:15~15:00
月曜定休(不定休あり)
TEL:058-383-0475

2018.06.20
OFK編集部

WRITER PROFILE

OFK編集部 OFK編集部

こんにちは、OFK編集部です。当サイトOUR FAVORITE KAKAMIGAHARA(OFK)は各務原市に関するヒト・モノ・コトなど様々なことをお届けします。サイトと連動してSNSも随時更新中です。合わせてチェックしてみてください。 各種SNSはこちらを検索⇒@ofkakamigahara

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top