OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
空好き夫婦の心温まるベーカリー。

Our Favorite City
空好き夫婦の心温まるベーカリー。

ソラネズミ

soranezumi

2017.12.01

日々飛行機が間近で飛び交う各務原。そんな風景に魅せられた夫妻が、一軒のパン屋をオープンした。

夫の落合寛人さん、妻の愛さんは共に名古屋出身であるが、以前から飛行機を見に各務原に訪れていたという。誰とでも挨拶を交わす、この町の人々の温かさや親切さ、自然の豊かさを当時から感じていた。これらが決め手となり、各務原に店を構えることにした。

2017年8月にオープンし、現在は常時30~40種類のパンが並ぶ。菓子・総菜パンの他、バゲット・カンパーニュ・食パンや手作りの焼き菓子などが豊富に揃う。昼頃になると「サンドイッチ」や「タルティーヌ」も登場。種類は日によってかわり、何が出るかは当日のお楽しみ。

「せっかく各務原に来るのだから、各務原らしいものを使いたい。」と店主、寛人さんは話す。パンに使う小麦粉は、岐阜県産の小麦粉「タマイズミ」。一般的に流通する小麦粉より扱いが難しいが、他の粉とブレンドすることなく「タマイズミ」100%でパンを仕上げる。

店主のお勧めは「バゲット」。素材がシンプルだからこそ、「タマイズミ」の本来の香り・甘み・バランスなど素材の良さが楽しめるのだそう。お店の一番人気は「クリームパン」。丸くて可愛らしいフォルムのパン生地の中に、自家製カスタードクリームがたっぷり。香料などの人工的なものを使わない、やさしい甘さのクリームがしっとりとした「タマイズミ」の生地を引き立てている。「クリームパン」は、その日のうちに追加を作るほど人気で一日に40個売れる日もあるという。

レジでは愛さんが気さくにお客様に話しかけ、会話が弾む。「レジでの会話から聞こえる“美味しかった“という言葉が何より嬉しい。」と店主。今後は特産の各務原にんじんを使用した総菜パンや食パンのバリエーションを増やすこと、デニッシュパンなどを検討中。まだまだやりたい事が尽きないという店主の引き出しの多さに驚く。

飛行機が自由に飛び交う各務原の「ソラ」と、お店の繁栄を願う「ネズミ」。色とりどりのパンと夫妻の「好き」に囲まれ温かな店内に、つい足を運びたくなってしまうこと、間違いなしだ。

ソラネズミ

DATA

ソラネズミ soranezumi

岐阜県各務原市鵜沼朝日町5丁目1-5 アメニティーD
営業時間:9:00~18:00
日曜定休(不定休有)
twitter/Instagram

2017.12.01
E.MURASE_OFK

WRITER PROFILE

村瀬 恵里佳E.MURASE_OFK

生まれも育ちも美濃加茂市。旅行やカフェ巡り、スノーボードが好きなアクティブ派ですが、公園でのんびり過ごすのも大好きです。最近各務原に移住したので、自分らしく各務原の“楽しい”を発信していけたらと思います。

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top