OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
大人の空間で、四季を味わう。

Our Favorite City
大人の空間で、四季を味わう。

四季彩 たか橋

Shikisai Takahashi

2017.12.15

JR那加駅から北へ1キロほど、「四季彩たか橋」は、イチョウ通りに面したテナントの一角に店を構えている。通りからは白地に屋号が書かれた大きめの看板が目を引く。暖簾をくぐると、行き交う車の音は遠くなり、店内の落ち着いた雰囲気に心が和らぐ。

元々は洋食の道へと進んだ店主・高橋裕孝さん。和食の修行も積み、本格的な割烹料理を気軽に味わえる店として開店したのは23年も前のこと。「旬のものをどう生かすか。」これをモットーに数々の料理を創作してきた。料理へのこだわりは、ショーケースを見れば一目瞭然。海産物を中心とした色とりどりの豊富な食材でカウンターが彩られている。

運ばれてくる一品一品は、丹精を込めて作られた真薯や、じっくり丁寧に煮込まれた牛すじ大根は勿論のこと、お刺身や半熟豆腐を岩塩でいただくシンプルなものでも味わい深く、本物の美味しさを愉しむことができる。

手間暇かかる割烹料理だが、コース料理では、多彩な料理を少しずつ味わうことができる。このようなスタイルには、「食材と味の変化を楽しみながら食べてほしい」という高橋さんの願いが込められている。旬な食材をふんだんに取り入れた「おまかせコース」の他、お手頃な「酒の肴コース」もあり、四季折々の料理をいただくことができるので、初めての方にはぜひコース料理をおすすめしたい。
また、酒の肴といえば、お酒好きにはたまらない、「竹酒」も用意されている。凍らせた竹筒に冷えた日本酒を入れたお店の名物は、情緒に溢れ、清々しい香りとのど越しのよさに、ついつい飲みすぎてしまいそうになるほど。

「たか橋」では、夜のコースだけではなく、ランチも好評だ。お膳に盛られた色とりどりの10種類を超える前菜は見た目が美しく、洋食のテイストも盛られていてボリューム満点。お膳のあとに椀物、メインと続き、味噌汁と白飯、デザートまでついて1800円から。お値打ち価格でお昼から贅沢なお味を堪能できる。

昼も夜も、また、一人でも親しい友人同士とでも気軽に寛ぐことができる「たか橋」だが、大切な人と、大切なひと時を過ごすために足を運んでみてはいかがだろうか。

 

 

四季彩 たか橋

DATA

四季彩 たか橋 Shikisai Takahashi

岐阜県各務原市那加前野町4-54
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00
火定休
Tel:058-371-2001

2017.12.15
a.tanaka_ofk

WRITER PROFILE

OFK編集部OFK編集部

こんにちは、OFK編集部です。当サイトOUR FAVORITE KAKAMIGAHARA(OFK)は各務原市に関するヒト・モノ・コトなど様々なことをお届けします。サイトと連動してSNSも随時更新中です。合わせてチェックしてみてください。 各種SNSはこちらを検索⇒@ofkakamigahara

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top