OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
夢中になる楽しさを、伝えたい。

Our Favorite City
夢中になる楽しさを、伝えたい。

陶芸教室 ちゃわんむし

tougeikyoushitsu cyawanmushi

2017.11.17

通称「16m道路」、正しくは「イチョウ通り」。その通り沿い、手力雄神社のすぐ近くに陶芸教室「ちゃわんむし」はある。「陶芸に夢中な人」を「陶芸=茶碗(ちゃわん)」「夢中=虫」に例えてつけられたその屋号には、「何かに夢中になるって楽しいですよ!」という店主・浅野孝之さんのメッセージが込められている。浅野さんは、大学で陶芸を学んだ後、奥さんと一緒に地元・各務原へ戻り、2015年に祖父が長年暮らしていた場所で、陶芸教室をスタートした。

教室では、初めての方からリピーターまで、作りたい物や経験に合わせた多彩なコースが用意されており、気軽に体験をすることができる。作業手順や使用する道具・土・釉薬の説明から始まり、実際に手を動かす行程へとわかりやすく丁寧に進む。「先生として教えることが楽しい。」笑みがあふれる浅野さんから手ほどきを受け、子どもの頃の粘土遊びのように土を触っていると、知らず知らずのうちに熱中してしまい、あっという間に2時間が経ってしまった。「形作りに不慣れなうちはうまく整わないこともありますが、大丈夫。そのいびつさが、味になるんです。」浅野さん曰く、少しぐらい歪んでしまっても、心を込めて作った食器はとても愛おしく、その器に盛り付けた食事の美味しさは格別なのだとか。

また、生徒さんの大半が女性という教室では、他愛ないおしゃべりも楽しみのひとつ。聞き上手な浅野さんに、思わず恋愛相談をする人もいるそう。そんな楽しみ方ができるのも、教室の和やかな雰囲気と、飾らない浅野さんの人柄があるからこそ。

さて、作品を作り終えると、あとは浅野さんにお任せです。素焼き・釉薬の塗布・本焼きを経て、完成品が手元に届くのは約1か月後。出来上がりを想像する待ち遠しさも、陶芸の醍醐味なのだろう。自分の器を手にしたら最後、次はアレを作りたい、その次はコレを…と、妄想は膨らむばかり。あれ?もしかして今、あなたも何を作るか妄想を?もしそうなら、浅野さんが優しく迎えてくれるはず。一緒に「ちゃわんむし」となって、土遊びを楽しみましょう。

陶芸教室 ちゃわんむし

DATA

陶芸教室 ちゃわんむし tougeikyoushitsu cyawanmushi

岐阜県各務原市那加長塚町1丁目115番地
予約受付時間
①朝 10:00~12:00 / ②昼 14:00~16:00 / ③夜 19:00~21:00
定休日 月曜・火曜 
Tel&Fax:0583-37-8446
HP:https://www.chawanmushi115.com
SNS: facebook/Instagram

2017.11.17
ARAKI NORIKO

WRITER PROFILE

荒木 矩子ARAKI NORIKO

岐阜市生まれの岐阜市育ち、生粋の岐阜っ子です。アウトドア好きのインドア派。結婚を機に各務原市に定住したところ、外からでは分からなかった魅力がたくさん見えてきました。各務原の「楽しいこと・素敵なところ」を多くの方にお伝えしていきたいと思います。

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top