OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT
多くのリピーターに愛される、自身も愛する「ぴり辛」の味。

Our Favorite City
多くのリピーターに愛される、自身も愛する「ぴり辛」の味。

ぴり辛ら~めんの店 SHIGE

PIRIKARA RAMEN NO MISE SHIGE

2017.02.09

幼い頃から、父が経営する「三柿野飯店」のメニューを食べて育った佐藤真仁さん。愛する「ぴり辛ら~めん」をもっと多くの人に食べてもらいたい、そんな想いから専門店を開業した。それが、師匠でもある父・重光さんのニックネーム「シゲちゃん」から名前をつけた「ぴり辛ら~めんの店 SHIGE」だ。

コクと風味。担々麺ともただのラーメンとも違うSHIGEの「ぴり辛ら~めん」の味わいを一言で形容するならコレだろう。思わず飲み干したくなるスープは練りゴマと味噌の深いコクに生姜・にんにく・マー油などの豊かな風味が見事にマッチして、しっかりしていながら飽きがこない。スープの肝となる特製の豚ミンチの仕込みは1週間も前から始まり、国産・岐阜県産にこだわったすべての食材は佐藤さん自らが手に取って「安心できる」と感じたものを厳選。炒めたシャキシャキのもやしがニラとともに美しく盛り付けられた見た目からも、丁寧な「仕事」が感じられる一杯だ。

また、佐藤さんがお店のあり方として心掛けているのは「地元のお客さんに永く愛されるお店」であること。その言葉通り、地元のリピーター客がとても多い。父から受け継いだ味をたくさんの人に振る舞い続け、ランチと夜営業の合間には息子の野球の練習相手もこなす。食べ物も人も、目の届く範囲のものを大切にするのが佐藤さんのポリシーのようだ。「自分が美味しいと思ったものを食べてもらってお客さんが喜んでくれると、その人と共感できたようで嬉しい」。そう語る笑顔に、佐藤さんの温かい人柄を垣間見た。

お得な平日ランチはオススメだが、時間によっては近くの会社員で大賑わい。仕事や学校の帰りがけに「一杯どう?」と人を誘い、ナチュラルで落ち着いた店内のテーブル席で「ぴり辛」とひとときの会話を楽しんでから帰るというのもいいかもしれない。この店には不思議と人を連れて行きたくなる空気がある。きっと、こだわりと愛情に溢れる佐藤さんの想いがそんな味と空間を作り出しているのだろう。

ぴり辛ら~めんの店 SHIGE

DATA

ぴり辛ら~めんの店 SHIGE PIRIKARA RAMEN NO MISE SHIGE

営業時間 11:30~13:45、17:00~21:15
※スープなくなり次第終了
日定休
Tel.058-371-1161

2017.02.09
IMAI HIROKI

WRITER PROFILE

今井 大樹IMAI HIROKI

各務原テクノプラザに所在する日本で唯一の義足の総合パーツメーカーに就職するため、 東京都渋谷区から各務原市に越して来ました。本業でもOFKライターとしても心掛けていることは同じ、誰かの「その人らしい生き方」に貢献することです。よろしくお願いします。

OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top