OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
CONTACTCONTACT

TOPICS

最新情報

【REPORT】各務原の夏の風物詩「OUR FAVORITE THINGS」、祭りの後によせて。

2018.08.14

各務原の夏の始まりを告げる音楽フェス「OUR FAVORITE THINGS」(以下OFT)。市がフェスの運営に関わる稀有なイベントである「OFT」は、今年で記念すべき10周年を迎えた。今年はどんなアーティストが出演するのだろうと、期待が高まる中、Yogee New WavesCHAIYSIG…と今年も豪華アーティストが出揃った。チケットは先行販売が15分で完売し、一般販売も早々に売り切れ。多くの若者から愛され育ってきた「OFT」の力を感じる。

「OFT」の魅力は、豪華出演アーティストだけではない。「まち」と「ひと」が関わり、「ともにフェスをつくりあげること」が最大の魅力である。公募で集まったスタッフはイベント前からミーティングに参加し、「OFTを通じて伝えたいまちの魅力」をともに考える。グッズやリーフレット、シャトルバスの利用促進に至るまで、さまざまなアイデアを形にし、当日を迎える。ボランティアという立場であっても、ミーティングを重ねるごとに自分たちがこのプロジェクトの一部となり、ともにフェスを作っていることに実感が沸いてくる。

イベント当日、任されたのは出演アーティストの舞台転換を補助する重要な役割。アーティストの大切な楽器を運ぶたびに緊張が走る。転換が無事完了し、演奏が始まった瞬間、少しほっとする。会場は雨上がりの蒸し暑い状態が続いたが、それを忘れるくらいの盛り上がりをみせた。芝生の上を自由に走り回る子どもたちの姿、出演者と来場者がひとつになる瞬間、思い思い楽しむ来場者の姿に、自分が関わるこのフェスの素晴らしさを実感した。

徐々に日が落ち、暗くなっていく中、ステージの熱はまだ冷めない。ライトアップされ、幻想的な光景の中、最終ステージを飾ったYogee New Waves がこの日1番の盛り上がりをみせた。名残惜しい中、終演の時刻を迎える。来場者が余韻とともに帰っていく中、今日1日を思い返すと、やりきった気持ちと終ってしまう寂しさを感じた。

このイベントを通して、来場者にはどのくらい各務原を知ってもらえただろうか。パンフレット、ノベルティの缶バッジ、まちのプロモーションブース…あらゆるところに、このまちの魅力が詰まったこのイベント。楽しい音楽や幸せな時間とともにこのまちの良さを知り、各務原をもっと好きになってもらえたら嬉しい。スタッフとして参加し、このイベントを通してたくさんの人々のつながりを実感した。OFTは、このまちに関わるすべての人にとっての「FAVORITE」であり、これからも末永く愛され続けていってほしい。

文責/OFKライター村瀬恵里佳

2018.08.14
OFFICIAL ACCOUNT公式アカウント
  • facebook
  • twitter
  • instagram
Page Top